タイトル画像

大匠寺 大匠院(まつ) 蜂須賀正勝の正室の供養塔

2017.06.24(10:33) 486

徳島県徳島市多家良町谷神2-2

大匠寺


大匠寺は、蜂須賀正勝の正室大匠院(まつ)を祀っている。

曹洞宗の禅寺。

元和9年(1623年)、大匠院の十三回忌に伴い息子家政が大匠寺を創建した。

丈六寺の末寺で大匠院の念持仏を安置している。

丈六寺 鳳祝和尚の隠居寺として菩提米10石の附興あり。

明治42年に法花谷養老軒内に移転していたが、文化の森の工事に伴い平成16年に元の所に戻った。

養老軒とは元禄期(1688〜1704年)に仕置役の折下格左衛門が開いた別邸のこと。

岩盤に穴を開けて園瀬川の水を引き入れて花や木を植え四季を楽しんだそうだ。

ta1706230186.jpg

静かで落ち着いた感じのお寺だ。

山号は興福山。

曹洞宗のお寺に良くみられる山号だ。

ta1706230187.jpg

静かで整った感じの境内。

ta1706230189.jpg

大匠寺ではなく大匠禅寺の見事な扁額がかかっている。

ta1706230191.jpg


ta1706230195.jpg

真新しい本堂は禅寺の雰囲気があって清々しい。

ta1706230197.jpg

本尊は大匠院光室玄圭尼大姉の持念仏である聖観世音菩薩。

ta1706230205.jpg


毎朝5時から座禅を組んでいるそうで、昼間は自由に座禅が組めるそうだ。


ta1706230199.jpg

大匠院の供養塔がある。

ta1706230200.jpg


ta1706230202.jpg

大匠院は益田持正の娘と言われているが、尾張の神官三輪氏の娘とも言われる。

蜂須賀家政の母として有名だが、その出生など詳しいことは解っていない。

aP6230220.jpg

その奥に古い五輪塔が建っている。

住職にお聞きすると、山田織部の墓だという。

山田織部は代々丈六寺に祀られている。

しかしこの五輪塔は昔からここに祀られていたそうだ。

aP6230222.jpg

戒名は「観真院智海隆廣居士」。

享年は元禄13年。

元禄13年というと赤穂浪士の討ち入りの2年前。

その年に没したのは第4代 山田織部 宗名5000石だ。

「山田豊前 宗春」の子で貞享元年相続し小石川普請奉行 等を務めている。

後は「山田織部 宗明」が継いでいる。
 
宝暦12年、阿波騒動で蜂須賀重喜に切腹させられた「山田織部 真胤」はその2代後となる。

藩主を批判して閉門を申し渡された山田織部真恒が、重喜を呪詛調伏して切腹させられたことも腑に落ちない点が多いが、何故と思われることが多い。


関連記事

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



<<中津峰山のスズバチ(鈴蜂) | ホームへ | 雲水庵跡 ─ 東嶽禅師と阿波藩家老池田家墓碑群>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satonokaze.blog21.fc2.com/tb.php/486-fa7c815a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)