FC2ブログ


タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

上八万地区の地神塔 もうすぐ社日(9/19)です 2015/09/08

2015.09.08(16:41) 453

地元である上八万町でも地神塔があることは知っていました。

しかし、以前、虫追いの神事を見学した星河内以外の地神塔はまだ見かけたことがありません。

星河内で、上八万町の地神塔は宅宮神社の宮司さんが順番に回ってお祀りしているとお聞きしています。

思い切って、宅宮神社の宮司さんに、地神塔の場所を教えていただくことにします。

急な訪問にもかかわらず、色々丁寧にお教えいただきました。

なんと上八万町には8基の地神塔があるらしいのです。

その内7箇所は宅宮神社の宮司さんがお参りするそうです。

この9月19日の社日には朝7時30分から順番に回られるそうです。

地図に場所を書いていただいて、8カ所の地神塔をお参りすることにします。

aIMG_0022.jpg

まずは、以前虫追いの時訪れた星河内に向かいます。

八大龍王神社の200m位手前にあります。

写真を写していると、二人のおばあちゃんが出てきて色々と教えていただきました。

なんと一人のおばあちゃんは、一宮城が秀吉に攻め落とされた時に多くの落ち武者がこの地で亡くなったことを研究しているそうです。

90歳を過ぎているというのに「調べていると面白くなって..」とおっしゃっていた。

aIMG_0024.jpg

設立年月は解りませんが、台石の形や祀られている5神は原型に近い物です。

地神塔の右隣の石塔は庚申塔のようです。

おばあちゃん達はお猿さん(猿田彦)を祀っていると言っていました。

その右隣には六角堂が祀られています。

小さな石仏もあります。

aIMG_0063.jpg

次は、田中の地神塔をお参りします。

西地の橋の手前を左へと向かい、山の麓を探しますが墓場しか見当たりません。

近くのいちご農家の若ご夫婦にお聞きしましたが、全く知らないとのこと。

お父さんに電話して教えていただきました。

お墓のある山際を右に回った所にありました。

水田の農道横にあります。

手前の階段上には山の神が祀られています。

aIMG_0064.jpg

基壇は天然石が積み上げられています。

少し風化が進んでいます。

心石は少し小さいですが、きちんと5神が刻まれています。

aIMG_0035.jpg

次は花房の地神塔をお参りします。

はなぶさ橋を渡り堤防上を北に向かいます。

墓場が有りお寺に出ましたが、地神塔はありません。

また、農作業中の老ご夫婦にお聞きします。

堤防下の大きな木の下にあると教えていただきました。

最近青年団が神輿台を造ったそうです。

aIMG_0048.jpg

大木の下のコンクリートで整地された所に建っていました。

心石は標準ですが、丸い猫足の台石がユニークです。

この奥に秋葉神社が有り、秋祭りには御神輿の巡行コースに入っているそうです。

aIMG_0122.jpg

次に潜水橋を渡り上八万小学校から園瀬川造園近くにあるという上中筋の地神塔をお参りします。

空き地の奥にありました。

毎日のように通っているのに気がつきませんでした。

aIMG_0110.jpg

綺麗に積まれた自然石の台座に載っています。

心石の神様の名は標準です。

右に二基石塔がありますが、何かは不明です。

手前の祠の横には猿田彦と刻まれた新しい石版が立っています。

aIMG_0138.jpg

次は大木の集会所横にある地神塔をお参りします。

南環状線の工事現場の直ぐ横にあります。

大きなクスノキに抱かれるように建っています。

aIMG_0131.jpg

天照大神が、天照皇大神となっています。

aIMG_0154.jpg

昼食を食べてから日比宇の地神塔をお参りします。

阿波銀グランド裏の天王神社を目指します。

上八万町には4つの天王神社があります。

立派な天王神社にお参りしますが、地神塔はありません。

近くの農家で作業中のご夫婦にお聞きします。

500mほど西に有るそうです。

立派な家が建ち並ぶ狭い道を歩いて行きます。

耕作していない農地の端にありました。

aIMG_0156.jpg

自然石の台座は立派ですが、台石や心石はかなり風化が進んでいます。

それにしても上八万町の地神塔は神社の中にないのが多くて探すのに苦労します。

aIMG_0089.jpg

次に川北の地神塔を目指します。

細くて怖い潜水橋で園瀬川を渡ります。

天王神社の広い境内の中にありました。

珍しく神社の中にあると思ったら、南環状線の工事のため、山神社と共に何処かから移設されたようです。

台座が新しく造られていました。

aIMG_0094.jpg

珍しく天保4年(1833年)と設立年が刻まれています。

a20150908_143551.jpg

最後に川西の地神塔をお参りします。

これには手こずりました。

諏訪八幡神社を探しますが、それらしい所には川西の集会場が建っています。

近くには集会場を建てた時に除けられた墓が転がっていて、横に新しい無縁墓供養塔がたっているだけです。

近所を探し回りましたが、解りません。

上八万の支所が近くにあるので聞きに行きますが、支所の職員さんも、丁度集会中の人達も誰も知らないようです。

もう一度行ってみます。

南環状線の工事現場を通り過ぎて集落を回り込むとありました。

諏訪神社の自然石の石段の途中にあります。

a20150908_143606.jpg

古い石段ですが、綺麗に手入れされています。

台座の石組みも確りしています。

一枚板の台石も見事です。

心石に刻まれた神名などは標準でした。

aIMG_0018.jpg

去年の神事の写真をコピーさせていただきました。

この地神塔は花房ですね。

aIMG_0020.jpg

今月の19日の社日にはそれぞれの地神塔でお祭りがあります。

時間の取れる方は是非お参りしてください。

今年は、花房から7時30分に開始する予定だそうです。

ajisin.jpg
関連記事

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



<<佐那河内村 寛政元年の地神塔  | ホームへ | 亀趺(きふ)に乗った地神さん。それと盃状穴石または丹摺石(にずりいし)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satonokaze.blog21.fc2.com/tb.php/453-c973da27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。