FC2ブログ


タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

稼勢山 勝浦の山 2014.03.14

2014.03.29(10:06) 433

aka140314086.jpg

勝浦町坂本から稼勢山に登ってきました。

大規模なミカン園跡の間を登って行きます。

山頂には、旧のえびす神社跡が残っています。

aka140314083.jpg

古い祠も残っています。

aka140314084.jpg

立派な石組みが残っており、昔は立派な神社があったことが偲ばれます。

昭和51年に過疎となり麓の坂本八幡神社に新しい社が建てられて遷宮しました。

aka140314119.jpg

えびす神社跡から少し下るとお大師さんの峠と呼ばれている稼勢峠があります。

二本の古木があり、一本の木はもう枯れていますが、ウラジオガシ(幹回り4m50㎝)の古木はその存在感を示すように枝をはっています。

aka140314120.jpg

二本の古木の根元に石積みが有り日天子真言百万遍、南無阿弥陀仏と書いた石碑(元治元年)が立っています。

元治元年(1864年)と言えば幕末で池田屋騒動があった年です。

aka140314122.jpg

岩屋の中にはお大師さん(1841年建立)と不動明王そして庚申塔が祀られています。

1841年(天保12年)はジョン万次郎が遭難して捕鯨船に助けられた年で有り、水野忠邦が天保の改革を発令した年でもあります。

aka140314124.jpg

不動明王そして庚申塔は年代は良く解らないが新しいシキビが備えられており、今も地元の人が大事に祀っていることが解ります。

里山を歩くと、昔は里と里山が密接に関係していて豊かな暮らしが営まれていたことを偲ぶ事が出来ます。

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ

ブログ村ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします
関連記事

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



<<暇に任せて パソコンレベルアップ | ホームへ | 雪が降ったらお高越山 2014.02.20>>
コメント
kyoさん ご無沙汰しております。
昨日は大川原高原でしたか?
柴犬の里の少し上辺りですれ違った時私は気が付きませんでしたが家内がkyoさんだと叫びましたが車を止める事ができませんでした。其れからネーチャーセンター辺りから雪が降りだし雷も鳴ってきたので引き返しました。
稼瀬山は十数年前に行きましたが途中から引き返したことが有ります。何故引き返したかは憶えていません。
【2014/04/07 16:51】 | シゲ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satonokaze.blog21.fc2.com/tb.php/433-ddbc921f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。