FC2ブログ


タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

アケボノツツジとオンツツジ 薬研谷と中津峰山

2013.04.22(21:35) 402

aya130419120.jpg

里山のヤマザクラが散り始める頃、四国の山好き、花好きの皆んなが楽しみにしているアケボノツツジが咲き始める。

徳島で一番早くアケボノツツジが咲くと言われている薬研谷のアケボノツツジが例年より10日あまり早く満開となった。

aya130419112.jpg

アケボノツツジは、標高の高い岩場の日当たりの良い所に咲く。

葉が出る前に満開となるので一際花が綺麗に見える。

aya130419140.jpg

同じピンクでもミツバツツジの派手なピンクではなくて控えめな色だが、それがまた心に染みいる色合いだ。

花弁の先が丸くて他のツツジのようにロート型ではなくて平べったいお椀型の花の形も好ましい。

遅れて出てくる葉は5枚で、雄シベは10本有る。

aya130419261.jpg

薬研谷は、漢方薬などをつくる中央に窪みのある船形の器具(薬研)に似ている所から名付けられたらしい。

銚子の滝を挟んで大岩が向き合っている。

アケボノツツジが群生している大岩の反対側にある岩場からの眺めが最高だ。

高所恐怖症の人はお尻がむずむずするかもしれないが、此処の岩に座って弁当を食べるのは究極の贅沢だ。

ana130420239.jpg

アケボノツツジを見た次の日に中津峰山にオンツツジを見に行った。

オンツツジは、里山の比較的標高の低い所に咲く真っ赤なツツジだ。

葉の展開と同時に枝先に花をつけ、1個の花芽から1個~3個の花を開く。

ミツバツツジの花が終わり掛かる頃、オンツツジが山道を真っ赤に染める。

ana130420231.jpg

花は直径4㌢~5㌢の朱色の漏斗形で、花冠は5中裂し上部花弁の内側には濃紅色の斑点が入り、雄シベ10本と雌シベ1本がつく。

オンツツジは舟窪の大群落が有名だが、中津峰山のオンツツジは登山道に沿って広範囲に咲いていて、まるで真っ赤な色の海の中を歩いているような気がする。

ana130420043.jpg

オンツツジの葉は、3枚が輪生していてミツバツツジの葉と似ている。

オンツツジが散って、しばらくするとまた赤いツツジが咲き始める。

この少し花弁の小さな赤いツツジはヤマツツジだ。

花は直径3㌢~4㌢の朱色の漏斗形でオンツツジと似ているが、花が少し小さく雄シベが5本なのと葉が互生なことから、オンツツジとは見分けが付く。

ウツギの白い花が咲くまでのしばらくの間私達を楽しませてくれることだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ

ブログ村ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします
関連記事

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



<<シコクバイカオウレン 剣山  2013.04.28 | ホームへ | 大川原高原のアカバナスミレとナガバノスミレサイシン 2013.04.17>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satonokaze.blog21.fc2.com/tb.php/402-f279ec58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。