タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ミズヒキの蕾とキンミズヒキ

2011.08.08(21:11) 181

ana201100806088.jpg

盛夏から初秋にかけて、キンンミズヒキ(金色の水引)、ミズヒキ(水引)が咲き始める。
ただし、キンミズヒキはバラ科、ミズヒキはタデ科で、全く別の種類の花である。

ミズヒキは、花が咲くと4枚の花弁が紅色と白になる。その姿が冠婚等の慶事で用いられる水引(みずひき)に例えて名付けられた。

ミズヒキの花は大変小さく、何時もゆらゆらと揺れているため撮影は大変難しい。

キンミズヒキより少し遅く咲く。

ana201100806101.jpg

キンミズヒキは、ミズヒキに花の付き方や花穂の全体像が似ていて黄金色の花を付ける事から金色のミズヒキ、つまりキンミズヒキ(金水引)となったと言われている。

ミズヒキよりは花が大きく撮影もし易い。

ミズヒキもキンミズヒキもひっつき虫で秋に野原を散歩するとズボンの裾などに一杯ひっついている。

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
クリックお願いします
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
 
関連記事

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



<<阿波踊り かずら連 華舞遊 2011 | ホームへ | 中津峰山のクルマバナ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satonokaze.blog21.fc2.com/tb.php/181-ec225450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。