FC2ブログ


タイトル画像

タマゴタケ

2018.09.08(07:43) 493

oo1809060096.jpg

梅ノ木峠への縦走路にタマゴタケがニョキニョキと顔を出していた。

全体が非常に派手な色のために、 はじめは気味悪がられるが、一度味を覚えると病みつきになるほどだという。
ヨーロッパでは皇帝きのこと呼ばれ珍重されている。
類似の毒きのこであるベニテングタケとはひだ、柄、つばの色が違うので区別は容易だ。

oo1809060097.jpg

卵の殻を破って出てくる真っ赤なキノコは可愛いがドキッとする。

oo1809060104.jpg

プチッとしていて熟れたミニトマトのようだ。
いかにも美味しそうだし、実際に美味しいらしいが、ちょっと食べるのには勇気がいる。

oo1809060100.jpg

傘が開くと猛毒のベニテングタケそっくり。

間違ってテングタケを食べるととんでもないことになる。

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



タイトル画像

純白のシコクママコナ

2018.09.01(07:43) 492

DSC_0190.jpg

高丸山に純白のシコクママコナが咲いた。

4~5年前に大発生してからずっと姿を消していた。

今年はシコクママコナの当たり年。

純白のシコクママコナもその清楚な姿を見せてくれた。

ta1808310130.jpg

ピンクのシコクママコナの大群生の中に数株純白のシコクママコナが咲いています。

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



タイトル画像

ヤマボウシ

2018.06.19(07:24) 491

今年はヤマボウシの花が当たり年。
oo1806170002.jpg
oo1806170030.jpg
oo1806170033.jpg
oo1806170040.jpg

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



タイトル画像

ウマノスズクサ(ウマノスズカケ)

2018.06.10(07:44) 490

ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)の花は雌性先熟で、糞や腐肉に似た匂いで小型のハエをおびき寄せ、花筒の奥の球形の部屋へと誘導する。部屋には柱頭があり、ハエは後戻りができずに、そこに閉じ込められる。その後、雄しべが花粉を出すと、部屋から脱出できるようになり、花粉を付けたハエは花から出ていく。

一見すると食虫花に見えるがそうではないらしい。

oo1806030401.jpg

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



タイトル画像

雲早山縦走路 シロヤシオ満開

2018.05.06(10:32) 489

雲早山、高丸山縦走路

今年はシロヤシオの花が早く満開になりました。

ku1805050129.jpg

ku1805050113.jpg

ku1805050170.jpg


ku1805050071.jpg

ku1805050080.jpg

ku1805050176.jpg

里山の風に吹かれて The woodlands of the wind    徳島 里山の花        



里山歩き
  1. タマゴタケ(09/08)
  2. 純白のシコクママコナ(09/01)
  3. ヤマボウシ(06/19)
  4. ウマノスズクサ(ウマノスズカケ)(06/10)
  5. 雲早山縦走路 シロヤシオ満開(05/06)
次のページ
次のページ